徒然ケチャニム

自分が使ってみたものの使用感を中心に書いてます。

夏の子連れディズニー☆暑さ&水遊び対策アイテム

 

こんにちは!ケチャです(^^)

 

 

ものすごい暑さ…溶けそうです…

 

ディズニーも溶けそうです…

“熱キャン”って言葉をご存知ですか??

文字通り“暑さにより公演キャンセル”、というものが存在するのです。

 

先日もちょうどあつーい日に訪れたところ、

所狭しと日陰に座り込んだり寝ている人、人、人。

ディズニーのイメージとは違う光景が所々に見られました。

 

いろいろとパーク側も暑さ対策をしてくれているのは感じますが、

自然を前に人間は無力に等しいですね💦

 

キャストさん、ゲストともに体調が悪くなってしまっては元も子もありません。

また、大人はまだ自分で体力を調整できますが、

子どもは自分で調整できない上に、地面に近く、常に熱波に当たっている状態です。

大人以上に相当暑いはずです。

 

楽しみだったはずのディズニーが体調不良の思い出にかわるなんて絶対に良くないので、我が家が行っている、子供と大人の暑さ対策を今日は書いていきます。

 ※ディズニーではおしゃれをしている方がとても多いですが、真夏日は本当に暑いのでオシャレよりも温度調整を優先することをお勧めします💦なので、おしゃれとは無縁かもしれませんがぜひ参考になさってください!

 また、基本シーで過ごしている状況を想定しながら書いています。ザックリ対策はどちらも一緒だと思うので、ランドの場合でも参考にはなるかと☆

 

 

 まずは暑さ対策!!

 

☆とにかく帽子!!

帽子をかぶっていないとき、夏の頭頂温度は50度を超えると先日テレビでも言われていました。

頭はとても大切な部分です。毛細血管も血流も多いです。

そんな場所が50度以上になり続けるのは本当に良くないです!

ぜひ帽子をかぶり、日陰に入ったら帽子を外してムレを取ってくださいね(^^)

 

 こういった、折り畳めてつばが広く、あご紐のついているものがオススメです。

ディズニー(特にシー)は海沿いのテーマパークですので風が強いときが多々あります。ショー待ちや移動時はもちろんのこと、アトラクション等々、あご紐付きだと飛ばされる心配がないので安心です☆

また子どもを連れていると荷物がどうしても多くなりがちなので、 必要のない時には小さく畳める省スペースなものを選ぶといいと思います☆

  

ディズニーにはアパレルショップもあり、帽子も置いてありますよ(^^)

【公式】フィガロズ・クロージアー|東京ディズニーシー|東京ディズニーリゾート

 

☆首に暑さ対策 

水につけるだけで冷感が持続するスカーフを首に巻きます。

ディズニーにはトイレや給水場など、そこら中に水があるのでちょこちょこ洗い直しすることもできます。

 

☆服に冷感ミストをシュッ!

服の背中部分や首もとなど、涼しさを感じそうな部分に冷感スプレーをシュッと吹いておきます。

 

熱中対策 シャツクール 冷感ストロング 大容量 280ML

熱中対策 シャツクール 冷感ストロング 大容量 280ML

 

 持ち歩くのでこのくらいのサイズだとあまり邪魔にならず便利です。

 

☆ミスト&扇風機を活用する! 

 

 こういった、ミストが扇風機の風と共に出るものや、扇風機、うちわや扇子などの暑さ対策ができる商品がありますので、それらを活用すると大分涼しいです!

特にこのミスト扇風機は子供に積極的に使ってあげたいものです。

 

 こういった扇子も先ほどのアパレルショップで販売されています。

扇子って省スペースで持ち運びしやすくて本当に便利です。

これがあるとないとでは相当違います。

アトラクションの列に並んで待っている時やショー待ちにこういったものがあると涼しくていいですよ☆

 

 

☆飲みたい!という時に限って行列!

『飲み物飲みたい…』というときに限って、ドリンクを扱ってる店が行列していたりすることは多いです。

ランドは数か所自販機が導入されていますが、シーには手売りしかありません

待っている間に具合が悪くなったりすると元も子もありませんので、なるべく早め早めにドリンクを入手すること、また、すぐに飲めなさそうなときは周囲をよく見まわしてください。公園などでよく見るタイプの、ボタンを押すと水が出てくる給水所がちょこちょこ設置してあります。わからなければキャストさんに聞けば教えてもらえます。そこに列はできていないので、ぜひ給水してください!

 

 

☆外の暑さに関係なく遊べる場所へ避難

あまりにも暑いときには、屋内へ一時避難しましょう。

となると、パッと思いつくのはやっぱりレストランやショップなどですが、こどもはすぐ飽きちゃいますよね💦

でも、外の天気や気温など関係なく子どもを遊ばせてあげられる場所もありますよ☆

シーであればマーメイドラグーン🐚

ここは屋内型で、アトラクション、レストラン、ショップなど色々あります。

若干人口密度高い感は否めませんが、年齢の低い子供も楽しめるエリアです。

 

その中でも待ち時間がなく、よちよち歩きの赤ちゃんでも遊べるのがアリエルのプレイグラウンド(´∀`)

海の底を想像させる、平衡感覚を失う床のつくりや色々な仕掛け。

歩いて探検しているだけでもかなり面白いです。

※ただ、ここも所狭しとスペースを確保し座り込み寝る人、人、人です。 

 

☆タオルや上着があると尚よし

外が暑くて汗をかいていたり、水遊びやミストにかかって濡れ気味だったり。

すると、屋内型のアトラクションやショー、空調の効いたショップやレストランで『さむっ!!』となることがあります。

大人なら我慢すればいいかなで終われるのですが、

子供だとそうもいきません。

寒暖差で体調を崩したり、風邪をひいて次の日お休みになってしまったり。

 

なのでうちの場合は必ず、どんな真夏日でも防寒着になるものを持参しています。

薄手でUVカットしてくれるパーカーが嵩張らずいろいろ多用途に使用でき重宝します。 

 

 

 ☆もしもの時の為に!

うちでは、もしもに備えてこういったものを必ず一つ持っていくようにしています。

 

ロッテ ヒヤロン 4個

ロッテ ヒヤロン 4個

 

 強く叩くと急速に冷たくなるものです。

大人も子供も、炎天下のなかで遊んで歩いていては体力が奪われます。

どんなに対策をしていても急な体調不良も想定できますが、救護室までは意外と距離がある場合も。

ほんの一時凌ぎではありますが救護室に着くまでの間にできる応急処置として念のため常に持ち歩いています。

 

 

 

☆『疲れた』は積極的に受け入れる

真夏日のパークでの『疲れた』はかなり積極的に聞き入れてます。

疲れたと言ったときになるべく歩かなくていいように、また自分も必要以上に疲れることのない様に、ベビーカーとベビーカーに取り付けるステップは必ず持って行っています。1人で数人の子供を抱っこはできないので、やっぱりベビーカーはとても重宝しますね💦

ディズニーへ行くとベビーカーの取り合いによくなるので、それくらい子どもも疲れているっていうことなんですね。

 

日本育児 ママつれてって! 静音(しずか) (Kids on Board) ブラック

日本育児 ママつれてって! 静音(しずか) (Kids on Board) ブラック

 

これは ベビーカーに装着でき、必要ない時は収納も可能です。

うちが購入したこのステップは他のものと比較すると高価ではないので、サスペンションとかはついてません。

なのでちょっとガラゴロ音はうるさいような気もしますが、

やっぱりとってもありがたいですよ☆

1~2万円くらいするステップや、椅子付きのステップなんかもあり、そういうのはきっと静かなんだろうなーと思います。

 

 

 

さて、『新鮮な対策はなかったなー』というものばかりな気もしますが、

これ以上を一生懸命やろうとすると荷物がとんでもないことになってしまうので

わが家が必ず行っている対策はこのくらいです。

 

 

 

水遊び対策!

 

さてここからは水遊び対策です☆

熱いからこそ水に触れられるイベントやアトラクションなどを用意してくれているので積極的に楽しみたいところですね☆

 

夏にディズニーへ行くなら、大人はともかく子どもは着替え必須です!

噴水や水のかかるアトラクション、ショーがありますので

着替えと濡れてもいい靴の持参がオススメです!

 

 

☆ディズニー パイレーツ サマー!!

こちらのショーですが、水が容赦なくかかります!

『えーめっちゃ涼しそう!行きたい!』と思いった方!

大量の水がかかるエリアは、1部公演以外は抽選制です。

他に待機可能な水のかかるエリアももちろんありますし、混み具合によっては待てば抽選エリアにも入ることが可能だそうなので、待てる!という方は是非!

 

そして公演中はノリノリな中オールスタンディングです。

イメージは多少対人距離が保てるライブ。

ある程度大きい子なら良いですが、小さい子供だと抱っこしててあげないと見えない&ちょっと危ない。

ということで、ビシャビシャ&大量の大人がはじけている中でオールスタンディングという、ちょっと小さな子連れにはハードルが高いイベントです💦

 

ですが、このイベント自体は本当に楽しいイベントだと思います♪

 

バッシャバッシャ容赦なく水がかかり、これでもかってくらいの放水。

濡れるエリアには、水も滴るいい男&いい女が溢れかえっています(笑)

 

海賊たちの掛け声に合わせてゲストたちがオーディエンスする様は、

一歩引いたところから見ていると感動するくらい熱気があり楽しそうですよ☆

 

 

大人も子供も、もしこのイベントに濡れるエリアで参戦する場合は、

濡れたくない場合→

・レインコート(レインポンチョ)必須

・できる限り後ろの方で参戦

・濡れても大丈夫な靴

俄然濡れる気満々な場合→

・タオル(吸水スポンジタオル)

・着替え(抽選エリアに行く場合は下着もたぶん必要です)

・濡れても大丈夫な靴

・女性はメイク道具と日焼け止め(濡れた後のお直し)

 

これらを持参することをお勧めします。

 

 ただ、注意点もあります。

トイレでの着替えはNG!!

『え?じゃあどこで着替えろと…??』となりますよね。

着替え対策としては、

・車orホテルで着替えて再入場

・小さな子どもはベビーセンターでお着換え

・涼しいからそもそも着替えない!!暑いから自然乾燥!!

となります。

なので、「いやいや、電車で来たし着替える場所ないわー」という方や、ショー鑑賞後レストランやアトラクションで身体が冷えることが想定される方はレインコートの使用をお勧めします。

 

 レインコート(ポンチョ)購入もできるので、当日『当選したー!!☆』という方はパークで購入するといいかもしれませんね!

 

 

 

ウォーターフロントパーク

タワーオブテラーの正面にあるパーク。

ここでは季節問わず噴水が楽しめます☆

音楽に合わせて不定期に飛び出す水に、こどもたち大はしゃぎ!

慣れている方はもう水着着せて遊ばせてたり。

 

親はざっくり予定を決めてパークに来ていたりするので、ここでこどもに足止めを食らい『早くいくよ!!』と困惑している姿も多々見かけます(;´Д`)

 

こどもはどんなに制止しても水に近づいていきますよね(笑)

このパークにはベンチも沢山配置されているので、のんびり子供が飽きるまで水遊びをさせてあげるのもいい時間の過ごし方だと思います☆

 

すぐ目の前でシェリーメイのグリーティングも行われていて、

順番待ちをしている間にうちの子はずぶ濡れになって帰ってきた為

ビッチャビチャのままシェリーメイにお手て繋いでもらって写真を撮りました💦

シェリーメイありがとう💦

 

ここで子供を遊ばせる場合の必須アイテムは

・タオル(吸水スポンジタオル)

・着替え(下着も!)

・濡れても大丈夫な靴

・ママ用の日傘(待ってるだけで暑いので)

・ドリンク(子どもははしゃぎ、大人は待ってて暑いので常備)

です!

 

 

☆アクアトピア

夏期限定で、このアトラクションは濡れます!

(濡れるコース、濡れないコースとあるんですが、この間夜行ったらどちらもずぶ濡れコースだと言われたので…ちょっとその辺よくわかりません💦時と場合によっては選べない様です。)

想像以上にビシャッと濡れます。メイク直し必要なくらい|д゚)

濡らしたくないor濡らせないものを手持ち品で持っている方は、アクアトピアは避けた方がいいと思います。

 

このアトラクションで濡れるコースを選択した場合の必須アイテムは、

なるべく濡れたくない場合→

・レインコート(レインポンチョ)

・濡れても大丈夫な靴

・顔を守るタオル(メイク落ちる)

俄然濡れる気満々な場合→

・タオル(吸水スポンジタオル)

・着替え(必要であれば)

・濡れても大丈夫な靴

・メイクポーチ(メイク直し用)

です。

 

 

どれも“タオル(吸水スポンジタオル)”と書いているのにはわけがあります。

通常のタオルだと、水を吸うと重いしちょっとかさ張りがちですが、

吸水スポンジタオルなら、何度でもめちゃめちゃ給水してくれる&かさばらない&軽い&暑くて火照った身体に当てたりと使い勝手がいい、というなんとも夏のテーマパークにはもってこいのアイテムなのでものすごくお勧めです!

 

夏だけではなく、雨の日のパーク対策にもなるので1つもっていると重宝しますよ☆

 

 

 

以上が我が家が取り入れている夏のパーク対策でした。

全てうちの主観で書いているのでもっと良い対策などもあるかもしれませんが、どうか身体に気を付けてディズニーリゾートを満喫してください☆

 

ここまでお読みいただきありがとうございました!

ではでは☆